快楽を煽られながら (R18) - スポンサー広告さまよう愛

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

快楽を煽られながら (R18)

肩を揺らせ息が上がり朦朧とするナナミを日向が覗き込む

「ナナミ...」

じんわりと掻いた汗で乱れはりついた髪を
日向が優しく書き上げ軽いキスを落とす

続きは官能的な文章を含みますので苦手な方や
好ましく思われない方、18歳未満の方は閲覧しないで下さい



「ハァハァハァハァ...ひゅう..が.....さん」

薄ら目を開けたナナミが見上げ腕を回しキスをせがむと
唇を弄び舌を絡め熱い吐息を絡める

「んんんんっ ...」

片手を滑らせていきナナミの太股を軽く横に上げ
愛*密潤う入口に日向自身あてがい ゆっくり押し鎮めていく

「んっ..ぅぅっ...」

「ナナミ...力抜いて?」

口で息をしながら力を抜くナナミ

「ハァ...ハァ..ハァ....ぁあっ..」

日向自信が中に入り吸い込まれるよう奥へと到達すると
おさまっていた快*感が再び走り脳を突き抜ける
ナナミが感じるようナナミに合わせて動く日向
その動きに合わせるよう腰をくねらせ艶声をあげるナナミ

官*能の波が押し寄せては引き
波は押し寄せてくる度大きくなり また引いては押し寄せてくる
その官*能の波をリズムを操る日向はナナミの翻弄される姿に
自分もまた翻弄されていた.....

「ひゅ..う...が...さ....」

ナナミが呼ぶ声に被せ日向が

「弘人...」

「んんっ....ひろ.....と...も..ぅ...だめ...」

「まだだよ」

動きをスローにし日向はナナミを見下ろし

「ナナミ....目を開けて」

ゆっくりと開くナナミの目は虚ろで顔は艶やかなに歪んでいる

「ちゃんと見て?」

表情を楽しむようゆっくり...ゆっくり...とナナミを責める
堕ちたいナナミは求めるよう日向にキスをせがむ
それでも日向はナナミを焦らし快*楽を煽る

「ひゅう..が....さん.....」

哀願するような目で見上げるナナミに

「違うだろ」と意地悪に笑う

「ひ..ろ...と...」

「ん?」

「もう....ダメ...」

「それは...お願い?」

コウリと首を振るナナミに更に意地悪に

「なに?」と聞く日向

「おねが..い....もぅ....」

「もう...なに?」

「........いか...せて...?」

ナナミのその言葉に日向は高く大きな波が押し寄せるよう動き
その大きな波が高く高く昇りつめた時ナナミの身体がピクンと跳ね
日向自身はナナミの中が収縮されるのを感じる

堕ちたナナミの上で大きく肩を揺らし息を上がらせながら
ナナミを見下ろし小さく呟く

「ヤバイな...」

堕ちたナナミの横に寝転がるといつの間にか寝てしまった日向
もぞもぞと動く気配で目覚めた時にはもう朝がきていた...


→大人の恋愛のためのラブリッシュラブエッセンス
塗って 香って 熱く 激しく 情熱的に

関連記事
スポンサーサイト

THEME:恋愛:エロス:官能小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。