官能を弄ばれ堕ちていく (R18) - スポンサー広告さまよう愛

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

官能を弄ばれ堕ちていく (R18)

覚醒された身体は更に官*能を呼び起こす
触れる指が唇が舌が心地良い電気を走らせる

胸の先端へ強弱を与え触れる指 ツーッと這う舌先の感触
柔らかい唇が捉えるその全てに神経が集中していく 

続きは官能的な文章を含みますので苦手な方や
好ましく思われない方、18歳未満の方は閲覧しないで下さい



「んんっ....ぁあ..ああ...ああああっ」

艶やかな声がだんだんと荒げていくのを堪える私に

「がまん..しなくていい...」

と少し息の荒い日向さんが優しく言う

胸の先端に触れていた指先が脇腹を通り太股から内腿へ
舌先と唇が鳩尾からゆっくり下りてくる

「ぃ...やっ......」

見られる恥ずかしさと
これ以上の官能に乱れてしまう事の恥ずかしさ

日向さんを掴もうとする手が宙に舞う

「んんんっ....」

下りて行った舌先と唇が片方の太股の外側から膝
そして手を添え内側へ...
もう片方の内腿には指先が内側から上へと這い上がって
ゆっくりと足を開いていく

「だ.....めっ....」

言葉には出るもの身体は官能を欲しているのか力は入らない

ゆっくりと丹念に愛*撫する指と唇が愛*密を滴らせる
官能の入口に達っする

撫でる指が今度は愛*密を滴らせる入口の上の突起を捉えると
そこから激しい快*感が背筋を通り脳を突き抜けると共に
ビクンと身体が跳ね 艶やかな声も激しく荒げた声にかわる....

その反応を楽しむかのように今度は舌先と唇が突起を弄び
指先が愛*密滴る中へゆっくりと押し込められていくと

「んんんぁあああああああんっ」

たまらない快*感に羞*恥を忘れ快*楽に身を委ねる...


そして

繰り返される愛*撫に身体は快楽の大きな波にのまれ堕ちていく...


→大人の恋愛のためのラブリッシュラブエッセンス
塗って 香って 熱く 激しく 情熱的に

関連記事
スポンサーサイト

THEME:恋愛:エロス:官能小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。