覚醒される身体 (R18) - スポンサー広告さまよう愛

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚醒される身体 (R18)

軽く合わさっていた唇が深く濃厚に...

日向さんの唇が私の下唇を捕え
その弾力感を楽しみながら吸いつき弄び
私の官*能を試すように舌で軽く舐め甘噛みする

再び唇が覆われると密着した唇の隙間から吐息が漏れる...



続きは官能的な文章を含みますので苦手な方や
好ましく思われない方、18歳未満の方は閲覧しないで下さい



「んんっ....っふ....」

小さく開いた唇から日向さんの舌先が滑り込むと
舌先と舌先が触れ挿*入された舌を優しく包み
舐めるようその舌を味わい深く深く絡める...

離れていきそうな唇を追い日向さんの首に腕を回すと
そのまま抱え上げられベットにそっと下ろされ
またキスが落とされる

最初は軽く...見つめ合いながら徐々に深く......
時々見降ろされる日向さんの顔が少し意地悪で
その顔が私の官*能をくすぐる...

唇が這った舌先が顎を這い耳元をくすぐると
我慢していた声が漏れる

「っ...ぁあっ.....」

耳から首筋を這い鎖骨を通り舌先は徐々に下りていく

「ぁぁぁっ...」

唇で舌先で...そして指先でより感じるところを探るように...

脇から胸の丸みへじわじわと這う舌と唇は
頂点の固くなった突起ギリギリを這い鳩尾へ下りていき
わき腹を通り反対の丸みへ上っていく
そしてまたギリギリで鳩尾を這い脇腹から太ももへ

何度も焦らされる様にギリギリの所を舌と唇が這い
身体を隈なく愛*撫し唇へと戻ってきた

「んんっ...」

久々に与えられた快*感は身体と脳を刺激し官*能を覚醒させ
意識がうっすら靄に包まれていく

離れた唇から優しい音色が耳を掠める

「ナナミ?」

その音色が心地よくより官*能を引き出し離れた唇を引き寄せる

「んんっ..っぁあ....ハァハァハァ...ひゅ..う..が..さん...」

「んん? どうした?」

「す...き..っ.....」


言えた...

「ナナミ・・・」

落ちてきたキスは優しく
身体を這う唇と舌そして指は愛しむように
ゆっくりと私を官*能の渦へ導いていく

もう身体はいつでも日向さんを迎え入れられるよう
愛*密が溢れ滴っていた...


→大人の恋愛のためのラブリッシュラブエッセンス
塗って 香って 熱く 激しく 情熱的に

関連記事
スポンサーサイト

THEME:恋愛:エロス:官能小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。