面倒な自分に... - スポンサー広告さまよう愛

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面倒な自分に...

突然の告白に戸惑っていると

「あぁ..困らせちゃったか ごめん ごめん」

「あ いえ、、、えっと....ありがとうございます」

「あ タクシー来た!」

走るタクシーを東さんが停め2人で乗り込むと
再びタクシーは目的地に向かって走り出す

「ナナミちゃんさ~ 好きな人いるでしょ」

「はぁ? 」

今度は突然の質問に素っ頓狂な声が出る

「あ~ そのすっとぼけたところがいいわ ハハハハハ」

「.......」

「まっ いいよ考えといて?」

「はぃ.....」

マンション前でタクシーを降り帰っていく東さんを見送る

「なんだか 酔いもさめちゃった~」

独り言を呟きながら部屋に戻り熱いシャワーを浴びて
1人またビールを飲む.....

「ん~ 考えといてって...よくわかんないな~」


こういう時は仕事よ...明日は頑張って営業しよっ!

仕事に逃げてると言われれば否定はできないけれど...


次の日 営業の甲斐あって同伴も入り
少しご無沙汰してるお客様も来てくれた

その次の日も...そのまた次の日も同伴

そして...その次の日の午後

「ナナミ~ なんか頑張ってる感じ?」

一緒に部屋でお昼を食べてるレイコが問いかける

「うん 頑張ってるわよ~」

きっとレイコは私が逃げてる事はお見通しなんだよね

「レイコ....あのさ~」

東さんからの告白の話をレイコにする

「ふふふ 白状したな ナナミ で?」

「うん...特にまだ何も返事はしてない」

「その気はあるの?」

「わかんない.....素敵な人だなって思うけど まだ会って間もないし...」

「いいんじゃない?デートすれば」

「ええ...」

「何回か会ったら気持ちも出てくるかもよ?」


確かに...素敵な人だし良い人だし好きになるかもしれない

「うん でも何かズルくない?」

「いいじゃん好きな人いるかもって思ってんでしょ 東さん」

「たぶんね」

「そうすれば日向さんの事も諦められるかもしれないでしょ」

「・・・・・」

「ナナミ....どうしたいわけ?」

「わからないのよ」

「逃げても答えでないよ? 」

「うん...」

レイコが部屋に戻った後 日向さんにメールしてみようと
携帯を取り出したけど何て送れば良いか思いつかず
暫く眺めていたけれど ...

≪日向さん お久しぶりです お忙しいですか?
お時間あれば お茶だけでもご一緒できないかなって思って...≫

営業っぽいかな...と思いながらもメールを送ると
すぐに日向さんからの返信がきた...

≪今夜 遅い時間になるけどお店に顔をだすよ≫


たった一行のメールにドキドキする...
関連記事
スポンサーサイト
THEME:恋愛小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。