蘇るシーンと再び痛む胸 - スポンサー広告さまよう愛

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蘇るシーンと再び痛む胸

前夜 ナナミが東を見送っていたのを窓から見ていたレイコ...

レイコの彼 佐々木孝太が出勤して暫くしてからナナミの部屋へ...


「ナーナーーミーーー」

「レイコ はいコーヒーどうぞ」

「ふふふ...見たよ 見たよーー昨日の夜」

好奇心満々で聞いてくるレイコに東さんはマサの友達で
北山弁護士を紹介してくれた人 それで昨日BARでお礼をして
一緒に飲んで潰れたんだ ということを話す

「ナナミ いくらマサの友達だからって初めての人と飲んで
酔いつぶれて...って...」

「うん..まぁ 早くから飲んでたし
休みだったから気が抜けてたのかな」

「それにしても珍しいよね 」

確かに...レイコやマサといった親しい人なら普通にあるけど
初めて会った人の前であんなに酔うのは...

「あっ!そうだ」

ナナミは立ち上がり昨日レイコにと買ったグラスを渡す

「はい レイコ」

「ん?なあに~?」

「同棲のお祝い?」

「わぁ~ありがとう 開けていい?」

「どうぞ~」

ラッピングを綺麗に開け中の箱からグラスを取り出す

「うわぁ~綺麗 それにハートじゃん!!かわいい~~」

「でしょ~ 」

「うんうん ありがと~ナナミ」


それから一緒にお昼を食べ今日は出勤日というレイコは
一旦部屋に戻って支度をし一緒に美容院へ行ってお店に出勤した

接客をしていると2つ開けた並びの席に東さんが座った
すぐにマネージャーに呼ばれ東さんの席に行く

「わぁ~さっそく来て下さったんですね」

「あんまり日をおくと忘れるかと思ってね」

「そんなことないですよ」

来店してくれたお礼と改めて昨日の事を謝ると

「ははは もう気にしなくていいよ それより今日は...
オレンジジュース頼もうか? アハハハハ」

「.....今日は...酔わないと思います・・・・」

「ぷぷ 冗談 何でもどうぞ? あ、僕は...」

と東さんはウィスキーのボトルをおろし
それで水割りを2つ作る

「ふふふ かんぱい」

「マサが心配してたよ」

「あはっ マサが? 馬鹿にしてたじゃなく?」

「うん 酔い潰れたナナミさんの心配と
ナナミさんを送った俺の心配?」

「東さんの?」

「うん ナナミさんに襲われなかったかって」

「えええっ 」

「嘘 その反対」

冗談を言い私をからかいながら楽しむ東さんと
会話とお酒を楽しんでいる私の目に日向さんが映った

一瞬にして昨日女性と腕を絡め優しく微笑んでいた
あのシーンが脳裏に蘇るとともに
また胸がチクっと痛む...
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。