復帰に向けて - スポンサー広告歪んだ愛

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復帰に向けて

マネージャーに出勤する旨を伝え
店休明けの月曜からお店に出ることにした

ここ最近よく来てくれていた指名客には
休む時同様 出勤することをメールで伝え
日曜にはレイコと一緒にエステに行った

エステが終わりBARへ顔を出す

「開店まだですか~~~」

まだOPEN前のBARにレイコの声が響く

「おう、レイコまだ準備中だ!!」

「いいよいいよ気にしないで?」

「頼むから気にしてくれ...」

「ナナミが明日から出勤だからさ
綺麗になっておこうって事でエステ行ってきたんだよ~
でさ~カフェとかでお茶もアレじゃない?」

「 美味しい日本茶があるぞ 入れてやろうか?」

賑やかしいやり取りをしながらカウンターに腰を下ろすと
よく冷えたグラスに細かい泡の立つビールが注がれ
3人で乾杯をする

「ふぅ~美味しい」

「ところでナナミ?お客様にはメール入れたんでしょ」

「うん、ここ最近来てくれてる人だけだけどね」

「日向さんにも?」

「うん メールしたよ?」

「で?」

「良かったねって」

そう休む時...
あの日...日向さんとの同伴の時から様子が変だった
あの時体調が良くなかったのに
無理をしたのではないかと言っていた日向さんに
そんな事はない自己管理ができなかったせいだと
謝る私に早く元気になって食事に行こうと.....

そして出勤することを伝えると
良くなって良かった回帰のお祝いに
美味しいものでも食べよう
でも無理はしないで...と一言添えられて・・・

「それだけぇ~?」

「その一言だけじゃないけどさ~
あの日...日向さんと同伴のあった...
あの後からだから...気を使わせちゃってね」

「あぁ...そっか・・・
ああああダメダメ!!明日の出勤のために明るく元気に!!」



そう明るく元気に復帰しなきゃ...
関連記事
スポンサーサイト
THEME:恋愛小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。