離れていく親友 - スポンサー広告Last Love

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離れていく親友

奪う女、誘う女、待つ女
欲しいものは手段を選ばない
「奪う女・留美」
夫婦仲が冷え切っていて、情事を止められない
「誘う女・遙子」
年下のエンジニアの彼からのプロポーズ夢見ている女
「待つ女・沙織」
元同級生、29歳になった彼女たちが10年ぶりに再会した。
そして、そこから複雑に絡み合っていく。

離れていく親友】は続きからお読み下さい

【無料】官能小説・漫画・動画・ボイスがいっぱい!


妄想日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村

→大人の恋愛のためのラブリッシュラブエッセンス
塗って 香って 熱く 激しく 情熱的に



約束をしたカフェには先に七海が着き
間もなくして明日美がやってきた

「久しぶり ごめんね遅くなって」

「ううん私も今さっき来たとこだよ」

注文した飲み物が運ばれると一口飲んだ明日美が
バックから銀行の封筒を取り出し七海に手渡した

「これ....ありがとう...遅くなっちゃってごめん...」

その封筒を手にし七海は心配そうに明日美に問いかける

「それはいいけど...大丈夫なの?仕事は?
お金の都合ついたの?.....」

「あっ、、うん...バイトも決まったし...
何とか支払いもできたし今後のメドも何とか・・・
ごめんね心配かけて...」

風俗で働くことはさすがには言えない明日美は
そう言って七海に謝った

「なら良いけど......無茶しちゃだめよ明日美」

「うん 大丈夫 」

何とかなっているのなら あまり深く問うのも良くないかと
それ以上は何も聞かなかった七海

「あ!それよりさ~ バイトも決まったんなら
落ち着いたら一緒にお酒でもどう?明日美に会わせたい子いるんだ」

「えっ、、あ、、、あぁ、、うん...」

仕事がバレるのを防ぐため
お金を返したら少し付き合いを控えようと考えてた明日美

「じゃぁ~また落ち着いたら連絡してね?
っていうか、バイト決まったし そのお祝いを兼ねて近いうちに...?」

「あ、、うん。わかった」


そんな誘いもやはり自分の仕事がバレるのが嫌で
何かと理由をつけて伸ばしていく明日美

「そう、、今はバイトと返済が第一だもんね...仕方ないね
でも たまには気分転換も必要だよ?」

「うん。ありがとう」

返済の為バイトが忙しいと言われれば それ以上は何も言えず
余所余所しさを感じながらも明日美の時間が空くのを待つしかないと
七海はメールや電話を控えた

けれども、その日から2か月経っても七海に
明日美からの連絡はなかった


妄想日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

THEME:恋愛小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。