無理矢理に... - スポンサー広告歪んだ愛

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無理矢理に...

がっちりと掴まれた腕は痺れるほど痛く私を引きずっていく

「痛いっ!離して!」

声を上げても深夜の静かな街に響くだけで
タクシーを降りた道に車が通る事もなく
停めてあったワゴン車の横で工藤は止まった

あ...この車

そうレイコに送ってもらった時から停まっていた車
工藤の車じゃない事に何も警戒していなかった...

ガシャっと開けられた後部座席のドアから見えるのは
フラットにされ これから起こる事を物語っていた

ドアに手をつき突っ張りがら抵抗するも
工藤の力は増し押し込められ閉まるドアに恐怖を感じた


「いい加減にしてよ!!」精一杯声を上げても工藤には届かない

「大丈夫 俺の愛が伝わればナナミも素直になるよ」

「なっ.....何言ってんのよ.... 」

じわりと詰め寄る工藤に言葉が詰まる
その瞬間覆いかぶさる工藤

「ちょっとーーーやめてっ!」

飄々とした顔で押さえつけ馬乗りになり顔を近づける

「いやぁああああ やめて!離して!!」

顔を振り足をバタつかせ叫んでも工藤の力は緩まない

デコルテを強調させた襟ぐりの大きなワンピースが
力任せにすり下ろされる

「いやぁあああああああ!!!!」

引っ掻いても叩いても工藤は止まらない

ビリッ....

春物の薄手の生地のワンピースが無惨に破け下着が露わになる

「じっとしろ...すぐに愛で満たしてやるから」

「いらない!そんな愛いらない!!アンタの愛なんかいらない!!」

押さえつけられた顔に工藤の顔が近づく
重なった唇がこじ開けられ舌が入ってくる

気持ち悪い....吐きそう・・・

「んぐっ...ぅえっ.....」

やめろ...やめろ...やめろーーーーー

ガッ....舌をとらえ噛みついた

「うっ....」工藤が唇を話した

「はぁっ....はぁ...はぁ...」

口を拭う手が私の手を押さえつけ重なっていた唇が
デコルテをなぞり舌先が這う


力を込めて暴れて抵抗しても全く敵わない


ダメだ...ヤラれる・・・

→大人の恋愛のためのラブリッシュラブエッセンス
塗って 香って 熱く 激しく 情熱的に

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。