涼への想い - スポンサー広告Reincarnation~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涼への想い

Perfect Crime

【R18】その恋は危険な罠から始まった。
報われない恋に溺れて7年。
仕事だけが私の全てだった。
そんな私の心に踏み込んで来たのは…
「お前が嫌いだから」
耳元で囁かれた屈辱的な言葉に
かき乱される心と身体・・・

涼への想い】は続きからお読み下さい

【無料】官能小説・漫画・動画・ボイスがいっぱい!


妄想日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村

→大人の恋愛のためのラブリッシュラブエッセンス
塗って 香って 熱く 激しく 情熱的に



次の日明日美は早い時間に涼の店を訪ねた
店の扉を開けると1人のホストが席に案内してくれ
辺りを見回すも涼の姿が無かった...

「あの、、、今日は...涼は?・・・」

「あっ、今日は同伴なんですよ 電話入れてみましょうか?」

「あ、いえ、、、待ってるからいいです」

1時間ほど待ってるとスレンダーな美人の女性と腕を絡ませ
楽しそうに笑みを浮かべながら涼が店に出勤してきた
それを目で追う明日美と目が合い会釈だけをし女性と席に着く涼

「同伴なんで すぐには席には来れないと思いますが
様子を見て呼びに行きますからもう少しだけ待って下さいね?」

ずっと涼を見てる明日美にホストが声をかける

「あ、、うん・・・」

それから30分くらいした頃だろうか...
涼が明日美の席にやってきたのは...

「ごめんな明日美...急に同伴入っちゃって...」

「ううん 大変なのね・・・」

「それで?話っていうのは?」

「あぁ、、あのね・・・」

明日美は春樹との事と親と話をした事を涼に話した

「そうか 春樹も男前な事やるじゃん...」

「でも...何か腑に落ちないんだけど...」

「落ち着いて今後の為に
いろいろできるようになったんだから良いじゃん」

「それはそうだけど...」

話がひと段落した頃 他のホストが涼を呼びに来た

「んじゃ俺 戻らなきゃならないし
他の客の席も行かなきゃならないから...」

「あ、うん じゃ私は帰るわ」

そう言うと 涼は先に明日美を送りに店の外へと出る
涼に送られる明日美は不安げに

「涼...今度はいつ会える?」

「そうだな...まだわかんないけど連絡するから
ごめんな淋しい思いをさせて・・・」

「ううん...それじゃ...」

会いたいけど会えない...それは今までとは変わらず
いや、今までよりも...
涼だけと心に決め春樹との結婚を取りやめた明日美にとって
涼への想いが増した分淋しさと不安も増していた..

妄想日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

THEME:恋愛小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。