逢瀬 - スポンサー広告Reincarnation~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逢瀬

契約婚

【R18】
もし、勝手に結婚が成立していたら、どうしますか?
酔いつぶれる目が覚めたら隣には知らない男
結構タイプなその男の手には婚姻届と契約書
そして....そこにはしっかりと自分のサインが...

「E★エブリスタ」総合ランキング1位の大人気作品

逢瀬】は続きからお読み下さい

【無料】官能小説・漫画・動画・ボイスがいっぱい!


妄想日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村

→シークレットティアーズ★「イケない女性」へ感度↑↑
上級者向けフェロモン配合の高級ローション
~悩める女性の為に開発されデリケートな部分にも安心


出迎えられたホストに案内され席に着く明日美

「涼さんすぐに来ますからね」

「あ、ええ...」

友達に連れられて1度 それから1度だけ来ただけで
涼の客だと覚えられている...それどころか...

「明日美さんの為だって...最近頑張ってるんですよ涼さん」

「あ、、そ、そうなの...」

「ふふふ 内緒ですよ? ああ見えて照れ屋ですから...あっ」

「明日美どうした?何かあったのか?」

「涼...別に何もないんだけど...顔が見たくって...」

「店に来なくても会いたきゃ言えば時間作るだろ?」

「う、、うん...」

少し無愛想で機嫌が悪い感じがする涼

「まぁ..いい...すぐに戻るから飲んでて?」

「うん...」

すぐに席を離れた涼を目で追う明日美

「2度目に来た時に何人かのホストと仲良く話してたでしょ
あん時も後すげぇ機嫌悪かったんですよ 嫉妬ですかね ふふふ」

「そうなんだ...」

「まぁ そりゃ好きな人が
他の男と仲良くしてるのは気分良いもんじゃないからね」

暫くすると涼が戻ってきて席に着き
機嫌も戻ったのか笑顔で話をし明日美と楽しく時間を過ごす

「涼さん...あちらのお客様がお帰りです」

1人のホストが涼を呼ぶと ちょっと待っててなと客を送りに行く
すると 涼の先輩だという海斗が明日美の席に着き

「久しぶりだね どう楽しんでる?」

「あ、はい」

「今 涼は人気が出て売れ出してるから
大変だろうけど支えてやってね」

「はい...」

「じゃ あまり話すと涼が嫉妬して機嫌悪くなるから」

そう言って笑って席を立つと客を送った涼が戻ってきた

「変な事言ってないでしょうね・・・」

「だから...俺にまで嫉妬すんなよ」

「してませんよ」

睨むように海斗の後姿を見ながら座った涼は
明日美の腰に腕を回しぐっと引き寄せる

「ったく...だから嫌なんだよ....」

そんな涼の言動を嬉しく思う明日美

「涼だけだから大丈夫よ?」

と笑う明日美を見つめ耳元で囁く

「あたりまえだ...おまえは俺のもの...」

「ふふっ りょう...」

「もう遅いから帰りな? 通りまで送るから」

「うん...」

現実を忘れるかのように涼と逢瀬を繰り返し
心と身体を翻弄され涼でいっぱいになっていく明日美

しかし それがいつまでも続くはずはなかった...

少し遅くなると言って朝出かけた春樹を見送り
涼との逢瀬を楽しみ夕方に帰ると 春樹が部屋で待っていた...

「あら春樹....どうしたの?」

深刻な顔をする春樹を見て心臓の鼓動が早まっていく...


妄想日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

THEME:恋愛小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。