偶然と運命 - スポンサー広告Reincarnation~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偶然と運命

Perfect Crime

【R18】その恋は危険な罠から始まった。
報われない恋に溺れて7年。
仕事だけが私の全てだった。
そんな私の心に踏み込んで来たのは…
「お前が嫌いだから」
耳元で囁かれた屈辱的な言葉に
かき乱される心と身体・・・

偶然と運命】は続きからお読み下さい

【無料】官能小説・漫画・動画・ボイスがいっぱい!


妄想日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村

→大人の恋愛のためのラブリッシュラブエッセンス
塗って 香って 熱く 激しく 情熱的に


美容院を終え 1人ショッピングを楽しむ明日美の携帯が鳴る

「春樹? 」

「あ、悪い今日仕事遅くなりそうなんだ...」

「そう..仕方ないわ 食事はいつでもできるし頑張ってね?」

「あぁ ほんとごめんな」

せっかく美容院に行って綺麗に着飾った明日美は
真っ直ぐ帰るのも勿体ない気がして友人を誘いだした

「ごめんね急に...」

「いいよ 明日美の急は慣れてるし~」

女2人お洒落なレストランで食事をしお酒を飲む

「ねぇねぇ明日美ぃ~ この後いいとこ行かない?」

「何よ..いいとこって」

「ふふ この前ね大学の時の友達と初めて行ったんだけど...」

楽しそうに話す友人に乗せられレストランを出て
中心街から歓楽街へと歩いて行く

「えっと、、、あぁ ここよ」

ネオン輝く通りの1つのビル..
その地下へ下りる階段の前で止まる友人

”あれ..ここって....”

階段を下りドアを開けると
賑やかな音楽と男達の歓迎の声が2人を出迎える

「いらっしゃいませ」

「あの...海斗くんは...」

友人が1人のホストにそう聞いていると

「あ、裕美ちゃん?来てくれたんだ」

「あ、海斗くん 今日は別の友達と一緒なんだけど」

「じゃ こちらへどうぞ?」

案内された席に座ると そこへ1人のホストがやってきた
明日美の目がそのホストを見つめ固まる

「ようこそ 涼です」

「ふふ 明日美なに固まってんのよ 一目惚れ?」

「あ、、ううん...」

「偶然ってやつ? 明日美は俺の幼馴染なんだ」

「ええっ!」

「運命の赤い糸ってか涼?」

「かもしれませんね 海斗さん」

程よくお酒も入り話も弾み 久しぶりの涼との時間を楽しんだ明日美

「んじゃ 気を付けてな明日美」

「ええ、楽しかったわ ありがとう」

走り出すタクシーに手を振りニヤリと笑う涼

「幼馴染で元恋人ってやつ?」

「ん? あぁ...まぁ...」

「ふふふ 大切にしろよ?」

「もちろん」

家に着いたであろう時間にお礼のメールを送る涼
アドレスを交換し合ったが そのアドレスはお互い昔のまま...

≪今日は楽しかったよ ありがとう
アドレス変わってなかったんだね
今日の2度の偶然もやっぱ運命ってやつかな?(笑)
なんてな...でもマジ嬉しかった...
会えた事もアドレスが変わってなかった事も....
何でも無い事かもしれないけど...何でもない気がしない...
また メールしてもいいかな?≫

≪私の方こそ久しぶりで楽しかったわ ありがとう
相変わらず口が上手いわね涼...仕事柄もあるのかしら≫

≪いや、仕事は...関係ないよ また友達として
良い関係でいられればなって思っただけ≫

≪そうね 幼馴染だもんね ...≫

春樹に後ろめたさを感じながらも幼馴染という
都合の いい大義名分で自分を納得させる明日美

≪じゃ またお茶でもしよう... おやすみ 明日美≫

≪うん おやすみなさい...またね..涼≫


妄想日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

THEME:恋愛小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。