七海 新たなる出発 - スポンサー広告Reincarnation~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七海 新たなる出発

契約婚

【R18】
もし、勝手に結婚が成立していたら、どうしますか?
酔いつぶれる目が覚めたら隣には知らない男
結構タイプなその男の手には婚姻届と契約書
そして....そこにはしっかりと自分のサインが...

「E★エブリスタ」総合ランキング1位の大人気作品

七海 新たなる出発】は続きからお読み下さい

【無料】官能小説・漫画・動画・ボイスがいっぱい!


妄想日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村

→シークレットティアーズ★「イケない女性」へ感度↑↑
上級者向けフェロモン配合の高級ローション
~悩める女性の為に開発されデリケートな部分にも安心



結婚という言葉を口にした春樹に
涼の事が頭に浮かんだ七海は言葉に詰まった

「あっ、いや母親同士が勝手に言ってるだけだよ」

「あぁ..うん そうよね まだこれから大学だもんね」

「うん でも明日美は それもいいかもね とか言ってるけど」

ますます頭に?が浮かぶ七海
涼ではなく春樹が本命なんだろうか...

「それより七海は...進学しないんだってね」

「あ、うん...家も出るしね」

「そっか...大変だね・・・」

「大変だろうけど 何かワクワクする」

「ぷっ 七海らしいな...」

あれこれ話をして最後に
また皆で集まれるといいね と春樹は言ったが
七海は もうそんな日はこないだろう そう思いながらも
そうだねと言って春樹と別れた

そして やっとの思いで卒業を迎えた七海...

部屋も未成年だし保証人も親じゃなきゃダメっていうのが多く
苦労したけど 何とか借りることができたものの
父親の会社で社会勉強を...と
学校に伝えた為就職が決まっておらず
バイトのシフトを増やしてもらってる状態だった

「ふぅ 荷物はまとまったわ...
とりあえず この家を出ることが先決なのよ...
後はどうとでもなるっ!!」

そして引っ越し当日

マサの先輩がトラックを借りてくれ
皆に手伝ってもらっての引っ越し...

七海の家には誰もいなかった

父親は朝早く仕事に出掛け

「鍵はポストに入れておいて」と

明日美と出掛けた母親

荷物をトラックに運び込んだ後 七海は家を見上げながら
大きく深呼吸して鍵をポストに放り込んだ

これでやっと解放される...自由になれる

七海は振り返ることなくトラックに乗り込み
新しい自分の部屋に向かった


妄想日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

THEME:恋愛小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。