春樹の意外な言葉に... - スポンサー広告Reincarnation~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春樹の意外な言葉に...

Perfect Crime

【R18】その恋は危険な罠から始まった。
報われない恋に溺れて7年。
仕事だけが私の全てだった。
そんな私の心に踏み込んで来たのは…
「お前が嫌いだから」
耳元で囁かれた屈辱的な言葉に
かき乱される心と身体・・・

春樹の意外な言葉に...】は続きからお読み下さい

【無料】官能小説・漫画・動画・ボイスがいっぱい!


妄想日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村

→大人の恋愛のためのラブリッシュラブエッセンス
塗って 香って 熱く 激しく 情熱的に




七海がマサやレイコ ゆなに親とのことを話すと

「決めたのなら後は頑張るだけだね」

「だな、心配すんな俺らがついてる!!」

「そうよ七海 1人じゃないんだからね
今も...これからもずっと 私達は親友よ」

ちっぽけな青春ドラマのような台詞だが
心からそう言ってくれる言葉に 七海は胸を打たれた


そして、心配をしていた涼にもバイトが同じ日に話をした

「そうか... 頑張れよ 何もできなくて...ごめんな」

「ぷっ 話聞いてくれたじゃない?励ましてくれたじゃない?」

「やっぱ 頑張るな...」

「ええっ?」

「1人だけで頑張るな...俺と七海は....」

「うん 友達だもんね? 幼馴染だし? ふふふ」

きっと身体を重ねたから
どう言っていいかわからず口籠ったんだろう
そう察した七海は明るく笑顔で涼にそう言った

「うん そうだな」

そうしてバイトに明け暮れる七海に明日美は呆れ
七海にかまうと母親の機嫌が悪くなるのが嫌で
少しずつ七海から遠ざかっていき
完全に孤立し自室だけが七海の居場所となった

夏休みも クリスマスも 年末年始もバイトを入れ
あと少し...もう少しで卒業...
休みの日は そう思って住むところをネットで検索したり
不動産屋の張り紙を見たり 着々と自由に向けて動く七海

そんな七海に久しぶりに春樹からメールが届いた

≪もうすぐ卒業だね 明日美からいろいろ聞いてたんだけど...
七海と話す勇気も無くて...でも 離れてしまうと思うと
どうしても話がしたいって思って...だから七海がよければ
今度 どこかで少しだけ話がしたい...≫

≪私は良いけど明日美に怒られるよ?≫

≪大丈夫だよ ≫

何回かメールをやり取りした後 卒業を5日後に控えた日
七海と春樹はカフェで落ち合った...

「久しぶりだね 七海」

「そうだね 春樹」

春樹は七海と距離が縮まりつつある中
明日美と関係を持った事を深く謝った

「もう いいよ気にしてないし~」

「でも...謝りたかったんだずっと....」

「明日美とは今も?」

「え、あぁ...うん 親同士も仲良いしね...
母親同士の間では結婚だなんだって言ってる...」

「えっ...そうなの?」

春樹が発した意外な言葉に驚き 七海の頭に涼の顔が浮かぶ...


妄想日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

THEME:恋愛小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。