親との対立② - スポンサー広告Reincarnation~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親との対立②

Perfect Crime

【R18】その恋は危険な罠から始まった。
報われない恋に溺れて7年。
仕事だけが私の全てだった。
そんな私の心に踏み込んで来たのは…
「お前が嫌いだから」
耳元で囁かれた屈辱的な言葉に
かき乱される心と身体・・・

親との対立②】は続きからお読み下さい

【無料】官能小説・漫画・動画・ボイスがいっぱい!


妄想日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村

→大人の恋愛のためのラブリッシュラブエッセンス
塗って 香って 熱く 激しく 情熱的に



玄関を入ると父親の靴があり それを見た七海は肩を落とす

”はぁ...またウダウダ言われるんだろうな...ウザイ..”

そう思いながらも
知らぬ顔で部屋に行こうとする七海を母親が呼ぶ

「七海 ちょっと...」

黙ってリビングに入ると静かに父親が七海に話しかける

「七海 進学しない気なのか?」

「する しないじゃなくて出来ないんじゃない」

「それは七海がちゃんとしないからだろう?」

「ちゃんと、、って何?」

「毎晩遅くまでフラフラして
お母さんの言う事も聞かないじゃないか」

「何も悪いことはしていないわ」

「そういう問題じゃないだろう?」

「家に居たくないだけよ」

「だから それが何でだ?
お母さんを困らせて楽しいのか?」

「言っていいの?」

冷たい目で母親を見る七海

「言わなきゃわからないだろう」

「七海は何か誤解...勘違いをしてるだけでしょ」

「勘違いでも誤解でもないわ 男連れ込んで
私が帰ってきたのも知らないで変な声あげてたじゃない...」

「お、おまえ.....おまえがそんなんだからだろ!」

「だから違うわよ ...」

「俺が子供に接しないからって俺のせいにして...
やるなら他でやれよ みっともない 子供に知れるなんて...」

「そんな事してないわよ」

「夫婦喧嘩なら もう私はいいでしょ?」

「何言ってる 誰のせいで喧嘩に...」

「お父さん? お父さんだって愛人いるじゃない?
なのに仮面夫婦で仮面家族で体裁と見栄ばっかで
挙句に 子供に八つ当たりとか うんざりなのよ」

「親に向かってうんざりだと?親に養ってもらわなきゃ
生きていけないだろう 世間知らずのお前が
たかだか高卒で何ができる 偉そうな口を叩くな」

「そう、わかったわ」

「初めからそう言って謝ればいいのよっ」

「出て行くわよ 養っていらないわよ それでいいでしょ」

「何を言ってるんだっ 七海っ!!」

「うんざりだって言ったでしょ
お父さんも お母さんもどっちもどっちだし
こうなったのは親のせいだと思う私も私かもしれない
責任の擦り付け合いはもういいわ」

「いい加減にしろっ!!」

「そうやって怒鳴って押さえつけても何も変わらない」

「もう勝手にしろ 俺は知らん」

「もう・・・ 娘は明日美1人でいいわ 好きにすればいい
中退で行方不明とかは恥さらしだから卒業までは我慢してあげる」

「あら 体裁と見栄で仕方なく行かせてくれなくてもいいわよ」

「いい加減にしろっ!!
七海 ちゃんと高校は出ろ 後は何してもかまわん
体裁だろうが見栄だろうがそれだけは聞け わかったな?」

「本当に? その間も干渉しない?」

「あぁ...」

「はぁ...情けない娘...これだけ言ってもわからないなんて」

「お前も もう七海に関わるな...学校には早いが
卒業したら俺の会社で社会勉強させるとでも言っとけ」

「わかったわ....」

「七海 それでいいな?」

「うん...」

「あぁ..カードはお母さんに預けておきなさい...」

「わかった...」

”学校はともかく今はまだ家がある事だけ有難く思おう...
卒業まで我慢して出来る限りバイトしてお金を貯めて...

自由になろう...”


妄想日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

THEME:恋愛小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。