火の無い所に立つ煙 - スポンサー広告Wheel of Fortune~運命の輪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火の無い所に立つ煙

奴隷区 僕と23人の奴隷
2014.6.28映画公開、コミック版100万部突破!
他人を奴隷にできる力を手に入れた24の物語
どんな内容でも勝負をして負かしたら相手を服従させられる
他人を奴隷にできる機械を手に入れた凡人たちが
色欲、金、復讐……様々な目的のために勝負を繰り返し
互いを服従させていく。
壮絶な騙し合いの果てに笑うのは……

火の無い所に立つ煙】は続きからお読み下さい


妄想日記 ブログランキングへ

→大人の恋愛のためのラブリッシュラブエッセンス
塗って 香って 熱く 激しく 情熱的に


そんな夜の世界とは関係なく七瀬とナナミは仲良く過ごしていた

ナナミの休みの日に合わせ休みを取り前日はアフターをしない
毎回そうはいかないが できるだけ合わせるようにする七瀬

「んじゃ、お疲れ~」

「あ、涼さん急ぎの所悪いですけど ちょっといいですか?」

「ん? あぁ別にいいけど何?」

仕事を終え店を出た七瀬に翼が声を掛け 近くの居酒屋に入る

「これ、何か凄い炎上してるんですけど...」

翼が見せる携帯には夜の仕事に関しての掲示板で
お店の事や働く人の事、様々な事が書かれている

その中には個人に妬みや嫉妬を露わにした書き込みも多く
著名なだけに火の無い所にも煙はおろか火柱が上がることも多い

翼が見せたのは彩夏が働く店を対象とした掲示板で
彩夏の事でスレッドは伸び その内容は彩夏を叩いているものだった
身体で指名を取ってる 直引きで客と寝ているなどの書き込みと
それに対する 誹謗中傷や文句などだ

「こんなもん夜で生きてたら普通にあるし
出る杭は打たれるのが世の常だ」

「まぁ そうなんですけど 美香さんの一件もあるし 書いてるのって...」

「ありえるかもな、でも そうだとしてもどうしようも出来ないだろ俺達に」

「ですけどね...これ...美香さんの板も炎上してるから
また何か厄介な事にならなきゃいいんですけど」

新たに見せられたスレッドには美香を叩き炎上していた

「人気がある証拠だな
まぁ本人が客が増えてラッキーくらい思えりゃいいけど...」

「今の美香さんにそんな余裕ないですよ...きっと...」

「確かにな...最近は金を使って自己顕示して...
それで保ってる感じで....ちと狂ってるよな」

「彩夏さんと会ってからですよね...だから何か気になって...」

「ったく...知ったこちゃねーし 興味ねーし関わりたくねー
けど、そうも言ってられねーかもしれねーな」

「はい...」

「とりあえず優真にも言っておくか...無駄な気もするけど」

翼と別れた七瀬は歩きながら優真に電話をかけ事情を話すと

「面倒だけど放っておけ俺らの出る幕じゃねーよ
どっちかが何かを仕掛けても あの2人の問題だろ」

「あぁ そうだけどな 一応知らせておいた方がいいかと思ってな」

「まぁ 後で知るよりかはな
店で面倒起こされてもウザイし他の客に迷惑だしな」

電話を切り...
少し遅くなった七瀬はナナミの待つ部屋に急いで帰り
そんな面倒な事は忘れて2人の夜を楽しんだ...


妄想日記 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

THEME:恋愛小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。