落ち行く先は... - スポンサー広告Wheel of Fortune~運命の輪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落ち行く先は...

甘いKiss...苦いKiss

【R-18】曖昧な関係でもいい。
「和馬…あなたの腕の中で私を壊して…」
人の理性なんてそんなものだ
恋人がいても、婚約者がいても
理性を失い目の前にある甘い蜜を吸いたくなる
恋愛は、何度も何度も繰り返される愛の移住・・・
私は、永遠の愛なんて信じない~

落ち行く先は...】は続きからお読み下さい


妄想日記 ブログランキングへ

→大人の恋愛のためのラブリッシュラブエッセンス
塗って 香って 熱く 激しく 情熱的に



瞬く間に落ちて行き とうとうキャバクラを辞めてしまった美香は
苛立ちやストレス 寂しさという気持ちを紛らわせるため
酒に依存し七瀬に執着した

「涼さん...美香さん大丈夫ですかね 店も辞めたみたいだし」

「あぁ...でも金を払って帰る以上来るなとも言えねーしな」

ストレスを発散させてはいるが痛い客でもなく
金を払い飲んでる以上は何も言えない

「りょう~ 今日こそは帰さないんだからねぇ~」

未だ求める涼の身体

「美香は俺の身体が目的?」

「ううん 涼の全てが目的 ふふふふふ」

未だ身体を合わせる事を上手く拒否する七瀬

そんな美香も仕事をしていなければ収入はなく
蓄えてた金も酒と男...ホストに狂えばあっという間に底を尽きる...

「美香...払えないならもう店には来るな お互いきつくなるだけだ」

七瀬は仏の顔も3度じゃないが 掛け売りで3回 それが払えなければ
払うまでは店には来させない...
溜まれば溜まるほど回収不能になるし客も溜まるほどキツイ
厳しいようだが見極めは早い方が良いという考えだ

「ごめんなさい ちゃんと払うから...」

電話がかかってきた美香に厳しく言うと そう言って電話が切れ
その夜金を持った美香が店にやってきた

「はい これ」

と金の入った封筒を七瀬に手渡し

「大丈夫よ? 今日はちゃんと払って帰るから」

「あ、あぁ...無茶な飲み方すんなよ...」

「ふふふ 心配しないで 涼」

”3回分のツケが40程と今日どれだけ飲むかはわからないが
その金をどう工面したのか...まさかとは思うが...”

金の出所を心配しても仕方がないというか関係ない
金を払う以上は客でその客を楽しませるのが仕事
冷たいようだが そんなもんだ...

そんな七瀬の元へ
無茶に使う事はないが あまり日を開けずに来店する美香

「涼さん...この前 客がいるソープに営業行ったんですけど
その店に美香さんいましたよ」

「はぁ..やっぱりか...」

それは...
この街から駅で言えば7つ時間にすれば40分程はなれた街の歓楽街
しかも性風俗産業が密集する歓楽街にある高級店で
避妊具無しで そのまま出してOKな店だった

「涼さんが仕向けた訳じゃ...沈めた訳じゃないし
本人が望んでやってんならいいんじゃないですか」

「まぁな 」

金持ちの客ばかりじゃない 普通に昼働く人もいる
そして同業や風俗に身を置く人も...
ただ、依存して普通の仕事やキャバ嬢やホステスが
風俗に落ち抜けれなくなる事も多く...
身を削り心を削り金を稼ぐ仕事は病む事も多い...


妄想日記 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

THEME:恋愛小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。