いけ好かない男 - スポンサー広告歪んだ愛

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いけ好かない男

恋する女は綺麗になる
あながち間違っていないのかもね
最近やけにお店でチヤホヤされるのは

やっぱり日向さんを想うから?・・・

あれから数回お店に来た日向さんとは
特に何も進展は無く何もなかったかのように
普通に接する

けど意識してる自分もいる

でも、もなるべく
あまり深く頭で考えないようにしていた


「ナナミちゃん なんか綺麗になったんじゃない?」

社交辞令もあるだろうけど
そんな風に言ってくれるお客様も増え
新規のお客様からの指名も少しもらえ
下心が無きにしも非ずな同伴やアフターも増え
仕事の営業成績が少し上がった


嬉しい半面....


「ナナミ そろそろ俺と付き合う気になった?」

そう言うのは最近指名をくれるようになった人で
このご時世にバブルを思わせるちょっといけ好かない男

「何言ってるんですか工藤さんには彼女沢山いるでしょ」

いや、たかだか1週間のうち3回同伴しただけだし...
どっちかって言うと個人的には好きじゃないのよね
ってか実際はモテないんだろうな
顔はそんなに悪くないのに残念な男...

「本気なんだけどな~ あ!じゃぁ今日アフターどう?」

「ごめんなさい 今日は先約があって.....」

同伴は良いけどアフターまでは...考えれない
けど断るのも限界あるかな

「またかよ~ いつなら良い?」

あぁぁ...そうきたか・・・
最初の...1回目来た時とえらく違うんだけど...
猫かぶってやがったか....

強引過ぎるし自意識過剰し...失敗だな


心で本音を呟きながら
笑顔で接することが出来る自分に感心しちゃうわ
まっ、これが出来なきゃ仕事になんないけど
ここまでの人はいないよね~

「ふふふ 焦らされると燃えるでしょ」


「ナナミさん お願いします」

気付かれないよう目で合図したからだろう
グッドタイミングでマネージャーが声をかける


その後すぐに帰るという工藤さんを見送り
閉店を迎え レイコに愚痴ろうとBARへ足を運ぶ...


「ふぅ.....」

「今日も同伴だったねぇ~おつかれ」

「なんか今時珍しいお客様だわ」

「まぁ...お金使ってくれるならいいんじゃない?」

「そうだけどさ 下心見え見えとかありえなくない?」

「口ではああ言ってるけどモテないんだろうね」

「たぶんねぇ~ あれじゃ~ねぇ~」

「顔悪くないから勘違いしてんだろうね~」

「残念.....」


「おまえら無茶苦茶だな...」

「何よ~マサ いいじゃん愚痴くらい」




その後 工藤が大胆な行動に出て来ることを
まだ知る由も無く呑気に愚痴を言って1日が終わった...


→大人の恋愛のためのラブリッシュラブエッセンス
塗って 香って 熱く 激しく 情熱的に

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。