贅沢な悩み - スポンサー広告もう1度~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

贅沢な悩み

契約婚

【R18】
もし、勝手に結婚が成立していたら、どうしますか?
酔いつぶれる目が覚めたら隣には知らない男
結構タイプなその男の手には婚姻届と契約書
そして....そこにはしっかりと自分のサインが...

「E★エブリスタ」総合ランキング1位の大人気作品

贅沢な悩み】は続きからお読み下さい


妄想日記 ブログランキングへ

→ナイトバージン★塗ったら最後...やめられないきもち良さ



新しい季節を迎え何かとあった1ヶ月少し...
葵さんと柴田君との相談の末新しいスタッフも決まり
忙しい5月の連休も無事終えた私の悩み...

「はぁぁっ...やっぱり赤字だわ...」

他と比べると良いと思う給料も 夜から比べると3分の1程で
それに不満は無いけれども 給料からすると家賃が高すぎる...

「だからナナミ...俺と一緒に....」

「あぁぁ..真面目に探さなきゃダメだわ」

「ナナミ 俺と住むのそんなに嫌なの?」

「嫌じゃないけど...」

「けど...何?」

「ほら、生活も逆じゃない? 」

「だから?」

「お互い気を使うかな...とか」

「とか?」

「ずっと一緒だと...」

「だと? 飽きるから?」

「ちがう...」

「じゃ なに?」

「考えちゃう...し 」

「なにを?」

「涼が遅いと お客様と何かあるのかなーとか
涼の部屋で1人だと寂しいかなーとか....」

「いい男が居ても余所見できないなーとか?」

「そんな事は思わないわよっ
ただ...怖いの...全部が涼で埋め尽くされるのが...
焼きもちも焼いちゃうし 言ったらダメな事言いそうだし...
涼を困らせたくないの...」

困らせてしまったら...いなくなっちゃいそうだから...
喉元まで出かかった言葉を堪えた...

「日向の女の会社で 男と仕事をする隙だらけの女が
いつ何処で掻っ攫われるか不安で...もう困ってんだけど?」

「そんなこと...」

「わかった もう言わない」

「りょう...」

「俺もナナミを困らせたくはないから」

傍から見れば贅沢な悩みなのかもしれない...

「じゃ 今日は帰るわ 明日はゆっくり休みなよ」

「えっ.....」

怒らせちゃったかな...


妄想日記 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

THEME:恋愛小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。