Deepより少し浅く - スポンサー広告染まっていく心

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Deepより少し浅く

すぐに離れた柔らかい唇を愛おしそうに目で追うと
今までと違う男の顔をした日向さんと目が合う...

その目をじっと見つめると再び唇が落ちてきて重なる

息が熱が感触が伝わる...
少しずつ深くなるキスに頭がぼーっとする...

Deepより少し浅く
お互いの唇を銜え合い 弾力感を楽み味わながら軽く舐める...



ヤバイ.....


「んんっ......ぁぁっ」



少し離れた唇が再びチュッと軽く重なり
ゆっくりと離れていった


久ぶりのキスは交感神経を刺激し心拍数上げる

言葉が....でない...


「送るよ.....」

何も言えずただ後ろを歩き
オフィスの入ったビルから外へ出ると
涼しい風が...空気が....酸素が身体の隅々までいきわたる

「だいじょうぶ...です」

「ん? 」

「このまま...送ってもらったら.....心臓がもたない・・・」

クスクスと笑う日向さんは何も言わず
タクシーの止まる大通りまで歩き
私を車に乗せた

「じゃ、気をつけて おやすみ」

「はい ありがとうございました」



走る車の中で少しずつ頭が冴えてくる...


あぁ...流されちゃったかな...
ううん違う

あの時 本当にキスがしたいと思ったんだ...

→大人の恋愛のためのラブリッシュラブエッセンス
塗って 香って 熱く 激しく 情熱的に

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。