素敵なライバル - スポンサー広告もう1度~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素敵なライバル

奴隷区 僕と23人の奴隷
2014.6.28映画公開、コミック版100万部突破!
他人を奴隷にできる力を手に入れた24の物語
どんな内容でも勝負をして負かしたら相手を服従させられる
他人を奴隷にできる機械を手に入れた凡人たちが
色欲、金、復讐……様々な目的のために勝負を繰り返し
互いを服従させていく。
壮絶な騙し合いの果てに笑うのは……

不気味な女】は続きからお読み下さい


妄想日記 ブログランキングへ

→ナイトバージン★塗ったら最後...やめられないきもち良さ

不気味な女 中川さんは七瀬が帰ると話しかけてくることは無く
少し暇になった時間に今度は葵さんが七瀬の事を聞いてきた

「七瀬さんは... ナナミさんの?」

「あ、ええ...」

「日向くんから以前に名前は伺った事あるんだけど
素敵な男性よね ふふふ」

日向さんが...一体何を...
そう思っても聞くことが出来ず愛想笑いをしていると

「七瀬さんは素敵なライバルだったそうよ?」

「え、、」

「ふふふ ナナミさんも素敵な女性よ」

何か誤魔化された気がするけど...
っていうか、葵さん笑って話せるって幸せなんだね

「社長? お客様がお見えですよ」

「あ、、、あら日向くん」

「なかなか来れなくてすまないね 」

「いえ、あぁ日向くん ナナミさん凄く頑張ってくれてるのよ?」

素敵なライバル登場だわ...ふふふ

「なんか見違えたなナナミ」

「あ、え?そうですか??」

「じゃ 頑張ってるご褒美に今度3人で飯でも?」

「あら いいわね 」

良いですけど 何か嫌な視線感じるのは私だけですか?
店頭の商品を弄りながら見てますよ不気味な女が...

「それじゃまた連絡するよ ナナミも頑張ってな?」

「はい ありがとうございます」

帰って行く日向さんを満面の笑みで見送った中川さんと目が合うと
気のせいか何か凄く怖い目をした気がした...


妄想日記 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

THEME:恋愛小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。