嫌な予感 - スポンサー広告もう1度~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌な予感

甘いKiss...苦いKiss

【R-18】曖昧な関係でもいい。
「和馬…あなたの腕の中で私を壊して…」
人の理性なんてそんなものだ
恋人がいても、婚約者がいても
理性を失い目の前にある甘い蜜を吸いたくなる
恋愛は、何度も何度も繰り返される愛の移住・・・
私は、永遠の愛なんて信じない~

嫌な予感】は続きからお読み下さい


妄想日記 ブログランキングへ

やっちゃった感いっぱいで落ち込む...けどムカつく..ので
少しだけ飲んで帰ろうとBARへ向かった

扉を開けると ゆなが笑顔で迎えてくれ 近況を聞く

「ナナミ~ 頑張ってる? どうなのお店の方は?」

「頑張ってるよ~まだまだだけどね...今日もさ、、」

今日の出来事を話すと ゆなは爆笑し

「なにそれ~ 女は怖いね」

「うん 」

「まっ、でも女の怖さには慣れてるでしょ夜で」

「慣れてても ムカつくよ?」

「ナナミ...さすが元ヤンだな」

「ふふふ そう見えない所がナナミの良いとこね」

「ちょっと...誰が元ヤンなのよ・・・」


話すだけ話した私はスッキリし適度な時間に切り上げ部屋に帰った
電話でその事を話すと七瀬もウケるとかって爆笑し

「ぷぷぷ..あぁウケる しかしナナミが元ヤンだったとはな」

「だーから違うってば...ただちょっとこう...ムカつきすぎるとね...」

「だけど気をつけた方がいいな、その女それで終わらないよ」

「だろうねぇ.....立場が下とか言われちゃって顔引き攣ってたし」

「おもしろそだから明日見に行くわ俺...」

「ちょ、、やめてよ~ ...」

「いいじゃん ナナミの顔見たいし」

「それ言われると.....」

嬉しくなるじゃないのっ


その言葉通り七瀬は次の日の午後に店にやってきた

「いらっしゃいませ ごゆっくりどうぞ」

中川さんの言葉をスルーして私に手を挙げ微笑む

スルーされているにもかかわらず七瀬から目を離さない中川さん...

何だか嫌な予感するんですけど...


妄想日記 ブログランキングへ


→大人の恋愛のためのラブリッシュラブエッセンス
塗って 香って 熱く 激しく 情熱的に

関連記事
スポンサーサイト

THEME:恋愛小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。