日曜の偶然 - スポンサー広告染まっていく心

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜の偶然

和やかな朝の光がリビングを照らし
コーヒーの香りが漂う

「ん~いい朝だ!今日は...何かあったっけ?」

昨日1日開かなかった手帳を開いてみると
気持ちを新たに出発するに相応しく
美容院とエステの予約が入れられていた

「心機一転にはいいね~」

ゆったりとコーヒーを飲んで
シャワーを浴びて
軽く化粧をして
お気に入りのワンピースを着て

「よしっ!いいねぇ~」

鏡に写った自分を自分で褒めてまずはエステ

スペシャルコースでフェイスもボディも全部磨いて
プロが施してくれるというメイクで完了

「いかがですか?」

「ええ、やっぱり自分でするのとは違いますよね」

「お気に召していただけましたか?」

「はい、ありがとうございます」


お気に入りのカフェで時間を潰して次は美容院

胸まであった髪を肩まで切って
緩くふわっとなるようにパーマして

最後は緩く巻いてもらってサイドを上げてもらって


出来あがり


せっかく綺麗になったから真っ直ぐ帰るのも何だよね
と思い ぶらりショッピングをする事にした私


だいぶ日も落ちた街は賑わい始めてきている


「あ、、これ可愛いな」

いつも行くショップで見つけた
チェックが可愛いホルターネックのミニドレスワンピース

戸惑う事無く購入し店を後にした


「そろそろ良い時間ね」と思いBARに行く為に
通りに止まっていたタクシーに乗ろうと歩いていると
斜め前から聞いたことのある声がした

「ナナミちゃん?」

声のする方に顔を向けるとスーツ姿の日向さんが立っていた

「日向さん、こんばんわ?」

「今日も何かイメージが違うね」

「髪切ったからかな」

「それもあるけど何か違う」

「あんまり見ちゃテレるじゃないですか」

凄い偶然!....でもない
考えれば通りを挟んで少し行けば日向さんの会社があるから
歩いていても不思議ではない

けれども、やっぱり凄くはないが偶然と言えば偶然...

「今からお帰りですか?」

「会社に戻って車出してからね ナナミちゃんは?
そんなに綺麗にしてデート?」

「だったらいいんですけどね」

「ははは、じゃ~レイコちゃんとだな」

「それもハズレ 」

レイコは久々にデートを楽しんでいる
だけどそれはお客様である日向さんには適度に濁す

「そっか、じゃ~俺とデートしよう」

「いいですね~」

「じゃ~決まり 今日は何を召し上がりますか?」

「ふふふ じゃぁ今日は私がご招待しますね」

お酒を飲むだろうと車は会社に置いておくという日向さんと
通りに止まっているタクシーに乗り行先を告げた



日曜のちょっと嬉しい偶然


→大人の恋愛のためのラブリッシュラブエッセンス
塗って 香って 熱く 激しく 情熱的に

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。