夢の中に置いてきた記憶 - スポンサー広告壊れていくもの...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢の中に置いてきた記憶

契約婚

【R18】
もし、勝手に結婚が成立していたら、どうしますか?
酔いつぶれる目が覚めたら隣には知らない男
結構タイプなその男の手には婚姻届と契約書
そして....そこにはしっかりと自分のサインが...

「E★エブリスタ」総合ランキング1位の大人気作品

夢の中に置いてきた記憶】は続きからお読み下さい


妄想日記 ブログランキングへ



私はナナミで...みんなって...
夢の中に出てきた人が言ってたのが この人達?
あれ私 なんで覚えてないんだろう
5人の男女を見ながらそんな事を思ってると
コンコンッと部屋をノックして医師が入って来た

「橘さん? 何処か痛いとか気分が悪いとかありますか」

「あ...あぁ...頭が痛くて....」

「怪我してるところですか? 別のところですか?」

「けが....?」

「ええ 頭を打っていて その時できた傷を少し縫ってます
怪我した時の事覚えていませんか?」

「あ...はい...」

私がそう返事をするとすぐレイコが私が自分の名前も
レイコ達の事も覚えてないようなんですと伝えると

「自分の名前 住んでいる場所はわかりますか?」

「......えっと......わからないです...」

「ここに居る人達は?お知り合いですか?」

「....それも.....でも...たぶん...」

それからも指が何本に見えるか?とか手を強く握ってとか
手足は痺れていないかなど聞かれたけど
特に何もなく 嘔吐や眩暈もないことから
脳震盪による一時的なものだろうと判断された

「吐き気や眩暈という症状が出たらすぐに言って下さい」

記憶が飛んでいる事と頭を打っている事から
2,3日様子を見ましょうとのことで また入院生活を送ることになった
そして医師が病室を出ると レイコが私に声をかけてくる

「ナナミ...レイコだよ? 大丈夫??」

「あ、ええ...ごめんなさい忘れちゃってるみたいで...」

他の人達はどうしていいのかわからないんだろう...
何も言わず私を見てる そんな中少しして1人の男性が

「ナナミ? みんなが付いてるようなので俺はこれで....」

優しく耳に響く男の声に何故か心が反応するけど何だろう...

「あ、、あのぅ....貴方は?」

「え、、あ...あぁ...日向だ...日向弘人」

「ひゅうがひろと......」

「ナナミ?」

「あぁ..ごめんなさい 思い出せなくて...」

「いいよ それじゃお大事にね また来るよ」

微笑みながら優しい声で彼はそう言って病室を出ていった...

その日は皆の事を少し聞いたけど思い出すことはできず
みんな明日また来るからと帰っていった...


私の記憶...どこにいっちゃったんだろう...
夢...夢の中....に置いてきちゃった?...

応援してね~

妄想日記 ブログランキングへ


→ナイトバージン★塗ったら最後...やめられないきもち良さ
関連記事
スポンサーサイト

THEME:恋愛小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。