和らぐ心 - スポンサー広告壊れていくもの...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和らぐ心

甘いKiss...苦いKiss

【R-18】曖昧な関係でもいい。
「和馬…あなたの腕の中で私を壊して…」
人の理性なんてそんなものだ
恋人がいても、婚約者がいても
理性を失い目の前にある甘い蜜を吸いたくなる
恋愛は、何度も何度も繰り返される愛の移住・・・
私は、永遠の愛なんて信じない~

気持ちの変化】は続きからお読み下さい


妄想日記 ブログランキングへ

次の日レイコと2人ネットで病院を検索してみると
運び込まれた総合病院と中心街...その1つ駅向こうに1つ...

「ナナミ...あまり遠くない方がいいよね」

「うん...総合病院だと人も多いし...」

あまり中心街へ行きたくはなかったけど通りに面してるから
前までタクシーで行けば街中を歩くことはないだろうと
中心街にある病院に行ってみる事にし
レイコが電話をし予約制だという事なので予約をして
その次の次の日予約時間の少し前 病院に着いた

ビルの1階にある心療クリニックと書かれた建物の中は
淡い色の壁で清潔感があり落ち着いた雰囲気で
数人の患者さんが待合室に座っている

受付を済ませた私達は隅の方のソファに座り呼ばれるのを待った

「橘さ~ん 診察室へどうぞ」

診察室に入ると男性の先生が優しい声で「どうぞ」と微笑んでくれる

あぁ..何か落ち着ける声・・・と思いながら椅子に座ると

「どうされましたか?」

「あ......えっと........」

「ゆっくりでいいですよ 」

「はい......っと...寝れなくて....」

そこから本当にゆっくり 自分を責めてしまう事
過呼吸を起こし病院へ運ばれた事などを話した後
先生の質問にいくつか答えるといった
いわゆるカウンセリングという診察を30分くらいした後

「じゃぁ 不眠の薬を出しますが用法と容量は必ず守って下さい
薬は 3日分お出しします 飲んでみてどうだったか
お聞きしたいので お薬がなくなったら また来てください」

「はい...ありがとうございました」

その日は お薬を貰い帰って
夜なかなか眠れないので貰った薬を飲んだ
少しするとボーっとした感じで眠くなり
眠りについた後は朝まで起きる事はなかった

「んっ......あ...朝・・・薬効いたんだ...」

寝起きも頭はボーっとするだけで 暫くすると目も頭も冴える
といった感じで3日分の薬を飲み終え再びクリニックに向かった

薬もちゃんと効いて3日間朝まで眠れた事と
特に薬を飲んで変わったことはなかった事を伝え
カウンセリングというか世間話的?な会話をした後

「薬は出しますが 眠れそうな感じなら飲まなくていいですよ?」

「あ....はい」

「それと、お話はいつでも伺いますので好きな時に来て下さいね」

落ち着くトーンの声で優しく笑いかけてくれる先生と話すと
ほっとする感じがして気持ちが和らいだ...

「はい また来ます」

その日は気分も良くレイコと少しだけお茶をして帰ろうと
近くのレトロっぽい喫茶店に入った...

応援してね

妄想日記 ブログランキングへ


→大人の恋愛のためのラブリッシュラブエッセンス
塗って 香って 熱く 激しく 情熱的に

関連記事
スポンサーサイト

THEME:恋愛小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。