壊してしまった関係 - スポンサー広告壊れていくもの...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壊してしまった関係

Perfect Crime

【R18】その恋は危険な罠から始まった。
報われない恋に溺れて7年。
仕事だけが私の全てだった。
そんな私の心に踏み込んで来たのは…
「お前が嫌いだから」
耳元で囁かれた屈辱的な言葉に
かき乱される心と身体・・・

壊してしまった関係】は続きからお読み下さい


妄想日記 ブログランキングへ

声が出なかった...声が出ない代わりに涙が溢れた...
七瀬に限らずマサやゆな..レイコはいつも私を励まし
私の心の支えになってくれた

そう...七瀬は特に....行き場のない心を包んでくれた

それに甘えて....七瀬の言うよう何も見えなかった
見えてるものも蓋をして見えなくして....

「ナナミ....」

「いや....だ......」

何..を言い出すの私...まだ七瀬を困らせる気?
でも、、、私の心の中の悪が囁く 吐き出せばいいと...

「七瀬が...いなくなるのは...いやだ...」

「いなくならないって...友達だから...」

「ゃだ.....」

「しっかりしろよナナミ!!お前はあの男が好きなんだろ」

「わからない...わかんないの!自分の心が何処にあるか...
この身体は誰のために...何の為にあるのか...
だけど身体が求めて...好きだけど わからないの・・・
溺れて沈んでいく自分を ただ見てるだけど私と もがいてる私...

七瀬....アタシヲコロして.....」

「何言ってんだナナミ」

「溺れてもがく手と足を縛って沈んでいく私の自由を奪って
痛罵な言葉を囁きながら...七瀬の声と指でアタシヲコロして...」

「おい!!ナナミっ!!!」

「ぉねがい.....」


抱きつき唇を奪う私に戸惑う七瀬...

「ナナミ 俺を困らせないで...」

「.....ゴメンナサイ.......」


やっぱり私...サイテイだ・・・
もう友達としてもいられないな....


涙を拭き力なく立ち上がった私は


「ありがとう...七瀬」


そう言って七瀬の部屋を後にした...


ランキングぽちっとクリックしてね

妄想日記 ブログランキングへ


→媚薬★ナイトバージン★塗ったら最後...
感度急上昇でとってもきもちいぃぃ

関連記事
スポンサーサイト

THEME:恋愛小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。