女の勘 - スポンサー広告溺れる愛

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女の勘

契約婚

【R18】
もし、勝手に結婚が成立していたら、どうしますか?
酔いつぶれる目が覚めたら隣には知らない男
結構タイプなその男の手には婚姻届と契約書
そして....そこにはしっかりと自分のサインが...

「E★エブリスタ」総合ランキング1位の大人気作品

女の勘】は続きからお読み下さい


妄想日記 ブログランキングへ


喉の赤い痕はだいぶ薄くなった・・・

コンシーラで結構隠れるし チョーカーつけても誤魔化せる
でも やっぱりこういう目立つ場所は困るなぁ...
ベットに入っちゃったら...してる時は言えないから
ちゃんと普通に話してる時にお願いしなきゃ...

この日は同伴で早くから支度しながらブツブツ思う私

「あぁぁぁぁ...早く美容院行かなくっちゃ~」

美容院を出て待ち合わせのカフェに何とか10分前に着くと
奥のテーブルで お客様が携帯を弄っていた

「すいません お待たせしちゃって...」

入口から横に入った席にどこかで見たような女性が座ってる

あれは確か...お蕎麦屋さんで日向さんと一緒だった?
まぁ でも普通にお茶くらい飲むよね

特に気にせずお客様とお茶をして

「それじゃ ナナミちゃん行こうか?」

「ええ」

と 立ち上がり入口に目をやった時だった

えっ...日向さん・・・

「あ、えっと少し待って?」

そう言いながら座り直しバックをごそごそしながら
日向さんが席に着くのを待った

やっぱり..あの人か.....

「ごめんなさい 携帯忘れちゃったかと思ったけどあったわ」

「そう じゃ行こう?」

日向さんはこちらを背にした感じで座っているから
たぶん私には気付いてない...

まぁ いいや 今は考えないで お客様に集中しなきゃ

食事やお店での接客中も頭の片隅に
カフェで向かい合って座ってる2人の光景があったけど
普通に仕事をこなし ほろ酔いでBARに行った

「お!ナナミおつかれっ!!」

「とっても おつかれだからパッとやろうよ」

「あ? お前また酔っ払う気?」

「そうだけど? お酒飲みに来てるんだし??」

まだ 少しお客様がいるからマサは私だけの相手は出来なくって
そうなると1人悶々とカフェの事を思い出す

前の女性とは違い付き合ってます感とかは出てないけど
全く何もない ただの知り合いとか友達って訳でもなさそう...
わかんないけど、、何か勘ってやつ...

なんでそれなのに...女性の影がチラつく人なのに
日向さんが良いんだろう...好きでも自分が傷つくだろうに...
離れられないのは...身体? 優しいあの声と目と....指先...
ひぃ...思い出すじゃないのよ...優しく意地悪なベットでのこと...

って、それじゃ私も身体が目的みたいじゃないの
私は日向さんが好きなのよ?

ああああ!!だめだ

「マサ!!ここ終わったらカラオケ行こうよ?」

「ああ?ナナミ音痴だし歌わねーじゃん」

「いいから~ ねぇ~」

「なんで俺なんだ 七瀬に言えよ」

うだうだとウザく絡んだ結果 マサが七瀬に電話すると
お客様と食事をしてるらしいが終わったら行くと言って
BARの最後のお客様が帰った後 先に2人でカラオケに行った

応援してねっ♪

妄想日記 ブログランキングへ


→魔法の媚薬★フィニアン★
感じやすいカラダになって貴方が欲しくなる!

関連記事
スポンサーサイト

THEME:恋愛小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。