快感に変わる痛み(R18) - スポンサー広告溺れる愛

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

快感に変わる痛み(R18)

liar~ズルイ身体~

(18)俺様上司は彼女持ち。

身体だけの関係…。こんな恋にハマってしまって
抜け出せなくなり まわりも不幸にして
最低なことをしているのはわかっていても
どうしてもやめられない身勝手な恋。

快感に変わる痛み(R18)】は続きからお読み下さい

ベットに入ると日向さんは優しく唇を重ね徐々に深く濃厚に
そして息苦しい程に......

「んはっ.....ぁっ.........んっ.....」

滑らせる唇と舌先は執拗に首から肩を責め唇を塞ぎ
端正な指は羽のように身体を這いゾクゾクと快楽を煽っていく...

「ひゅ..うが...さ...ん.....そこ....は......っぁ...」

喉の付け根辺りを強く吸う日向さんに訴えると

「ん? 」

「だめ...っ.......みえ...ちゃうから...」

「見て焼きもち焼く男でもいる?」

「ちが.....う......おみせ.......で....」

「ククク....じゃぁ」

喉から鎖骨を這い胸の先端を掠めた唇と舌先は鎖骨にもどり
喉から肩へ....そして・・・・歯を立てる...

「くっ.......ぃ...た...ぃっ...ぁあっ.....だめっ...」

そして胸先を弄び胸横を強く吸った唇は脇腹からお臍を這い
太腿から内腿に到達しゆっくりと愛蜜が潤う壺へと這っていく

「ぁああああっ......」

ギリギリまで到達すると片太腿を持ち上げ太腿の裏に舌を這わせ
膝裏まで這った舌先は再び内腿から上がってくる

「っっぁああああん...」

焦らすような濃密な愛撫は繰り返され官能が高まっていく

「ひ....ろとぉ..........」

哀願するような声で呼ぶと日向さんは

「ナナミ......ほしい?」と意地悪に聞く

頷く私を見て日向さんは指を愛蜜滴る壺へゆっくり挿入させ
官能の揺れに合わせて動かしていく

「んっ......ぁあ...ぁああ.....」

高まる官能の中で時折 痛む内腿...

「ぃっ.....ぁ..ぁ.あっ.......っっ.....だめっ....ぁああ...」

ゆっくりと指を抜き上半身を滑らせ顔を覗き込み唇を塞ぎながら
日向さん自身を私の中へ沈めていき奥深くにグッと到達させ肩を噛む...

「んんっ......んっ.......っ..ぁああ.....っぃたっ....ぁあっ」

この前のような苦しさはないけれど快楽の中の痛みが
たまらない快感に思えてくる....

「ぃっ....ゃぁ.ぁあっ....ひろ...とぉ........ぃくっ.....」

「もっと啼け...ナナミ....」

腰を大きく激しく揺らし官能を最大に高めて堕とす.....

「んぁああああっ......ゃっ....ぁああんっ......いくぅ......っぁ....ハァハァハァ」


→魔法の媚薬★フィニアン★
感じやすいカラダになって貴方が欲しくなる!

関連記事
スポンサーサイト

THEME:恋愛:エロス:官能小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。