外されるチョーカー - スポンサー広告溺れる愛

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外されるチョーカー

契約婚

【R18】
もし、勝手に結婚が成立していたら、どうしますか?
酔いつぶれる目が覚めたら隣には知らない男
結構タイプなその男の手には婚姻届と契約書
そして....そこにはしっかりと自分のサインが...

「E★エブリスタ」総合ランキング1位の大人気作品

外されるチョーカー】は続きからお読み下さい



緊張しながらエレベーターに乗り高層階の部屋に行く

「わぁ~ ひろ~い」

七瀬の部屋も凄く広かったけど ここはそれよりも広く
シンプルで必要以外の物は無いけど高級感あふれている

「ナナミ ワイン?シャンパン?」

「あ、シャンパンで...」

ソファに座り注いでくれたシャンパンで乾杯をする

「ナナミ 何畏まってんの?」

「あ、、だって...部屋初めてだし...なんでかなって....」

「あぁ そうだったな ホテルって時間でもないだろ?」

「そ、それはそうだけど...」

「ちょっとのんびりと落ち着きたかったんだよ」

「そう...」


嬉しいけど凄く緊張する...

「あっ、、あ、もしかしてここも」

少しの間が何だか照れ臭くって窓の方へ行き
カーテンを少し捲り外を見る

「うわぁ~」

驚いてるとカーテンがゆっくり開いて行き
外の景色が広がっていく

「すごーい」

シャンパンを片手に1人暫くうっとりと眺めていると

「ナナミ おいで?」と日向さんが呼ぶ

「ん?」と日向さんの元へ行くと

「シャワー浴びよう?」

「えっ?」

日向さんの指がチョーカーにかかり外される

「今日は一緒にね?」

「ええっ...あの、、、ひ、、ひとりで?」

何度も身体を重ねているけど2人で一緒に...はなかった...

チョーカーが外され それをテーブルに置いた日向さん

「だめ」

「だ、、だめって...でも、、、」

「いくよ?」

私の意見など全く聞いていない様子で
スタスタと歩いて行く日向さん

「じゃ 先に入ってるから」

広い広いりビングの入口から向こうを指さし消えてく...

あぁぁ 行くしかないじゃない・・・


→魔法の媚薬★フィニアン★
感じやすいカラダになって貴方が欲しくなる!

関連記事
スポンサーサイト

THEME:恋愛小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。