溺れていく心と身体 - スポンサー広告溺れる愛

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

溺れていく心と身体

溺れる獣と甘い罠
「こんな相性いいカラダ、手放すわけねーだろ」
「私が好きなのは、アンタじゃないっ!」
「知ってる。どーでもいいんだって。…でも」
・・・カラダから始まる切なく甘い秘密。
小説・コミック投稿サイト E★エブリスタの
ベストセラー作品

溺れていく心と身体】は続きからお読み下さい


続きは今度までお預けね...
そんな事言われたら待ち遠しくなるじゃない
身体が日向さんを欲するじゃない

「身体だけが目的なのよ.他にも女性がいるのよ.
そういう男なのよ目を覚まして」

「いいじゃない好きならば...奪えばいいじゃない
いいじゃない好きならば抱かれても...欲しいんだから」

私の中で善悪が葛藤してる

だけどキスをされたら...身体を重ねたら
欲に溺れてしまいそうになる...

悪が膨らんでいく...



それを後押しするかのようにレイコが言い放つ

「好きなら溺れたっていいんじゃない?」

「また..レイコは他人事だと思って~」

「じゃぁ そんな男やめなって言えばやめる?
身体だけなんて...他にも男はいるでしょって
どこにでも転がってる正論を叩き付ければ目が覚める?」

「それは......」

「壊れてしまう...
失ってしまうのが怖くて何も言えないんでしょ
だから今の関係なんでしょ...
だいたい、、、もう どっぷり浸かって溺れてるわよ」


何も言い返せない...

「バカな子ほど可愛いって言うじゃない?
私もマサも それにきっと七瀬も
ナナミを見離したりしないわよ?」

「うん...ありがとう」

涙が出そうだった...っていうか出た...

「泣くな! 目が腫れたら仕事に支障が出るわよ!!」

「うん」


心と身体が日向さんを欲し...欲に縛られ溺れていく...



→大人の恋愛のためのラブリッシュラブエッセンス
塗って 香って 熱く 激しく 情熱的に

関連記事
スポンサーサイト

THEME:恋愛小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。