溺れる朝の情事(R18) - スポンサー広告溺れる愛

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

溺れる朝の情事(R18)

私にゆっくりと酸素を与える暇もなく熱く深いキスが続く
濃厚に重なる唇と唇 絡み合う舌と舌...

少し離れた瞬間 僅かな酸素を吸い込むと
また深く...苦しさに少し離しては酸素を求め...

だけど...この息苦しさが気持ち良い・・・

「んはっ...ハァハァハァ...んんっ...んんんっ..んぁあっ...」

苦しくて気持ち良くて意識が.....堕ちる...

「ナナミ」

その声に呼び戻され這っていく唇と舌先に身体を震わせ
ゆっくりと揺れる官*能の中へと導かれていく

柔らかくソフトに愛*撫され続ける身体は刺激を求め
クネらせ腕が宙を彷徨い哀願する声で啼き求める

ゆっくりと起こされた身体は座る日向さんを跨ぎ
見つめ見下ろしながら唇を重ね舌を絡め 絡めた舌が
顎を這い胸先へたどり着くと身体がピクンと小さく跳ね
官*能を高めていく

私は声を漏らしながら下で感じる日向さん自身を
ゆっくりゆっくり私の中の奥へと沈め身体を揺らす...

「ぁあっ...ぁっ..ぁっ....」

高まる官*能の波に合わせ
少しずつ...少しずつ...身体の揺れを早めていくと
その揺れを日向さんが制す

ゆっくり...ゆっくり...高まりの途中を彷徨う官*能は
今度はゆっくりと堕ちていき また少しずつ高まっていく

「ぁぁっ...も....っと.........」

「もっと...なに?」

意地悪そうに言う日向さんの声に反応する身体...

もっと感じたい...もっと...もっと....刺激が欲しい....

「も...っと....ほ..し....い....」

その言葉を聞き日向さんはゆっくり私の身体を倒し
器用に反転させ腰を引き寄せられると

「んぁああああっ....」

猫が背伸びをするような姿勢で
背中をゾクゾクと走る快感に声を上げる

それでも まだだと言わんばかりに...
身悶え狂っていく姿を楽しむように焦らせる日向さん...

「もぅ...おね...がい...ひゅうが...さん...」

「フフ 聞けないな...」

「おねが..い....もぅ...いかせて.....」

「ん?」

「ひろ..と....もぅ...いか..せ..て...おねがい...」

ググッと奥に到達した日向さん自身がゆっくり引き抜かれていき
再び中へと入り動きが早まっていく...
その動きはだんだんと強く激しく獣のように...

「ひろ..と...ひろ...とっ..ぁああああん....イクゥ...」

シーツをギュっと握りしめていた手の力が緩み私は堕ちた...


→大人の恋愛のためのラブリッシュラブエッセンス
塗って 香って 熱く 激しく 情熱的に

関連記事
スポンサーサイト
THEME:恋愛:エロス:官能小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。