スイートルームで贅沢な夜...のハズが... - スポンサー広告さまよう愛

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイートルームで贅沢な夜...のハズが...

少し渋滞があったせいか もう日もどっぷりと暮れ
街は華やかな夜の街へと変わっていた
その中心街を離れ車はいつものホテルに着く...

「夕食もここで済まそう...」

夕食”も”...その後”も”?...

そんな色気のありそうな言葉も

お昼を食べたっきりで少し遅めの夕食

鮑に大きな海老...お野菜 それらを食べても
私のお腹は納得していないようで・・・
目の前で焼かれるお肉が待ち遠しく...

「ナナミちゃん? そんなに睨まなくても
もうすぐ焼けるよ?」

「えっ? あはっ....ハハハハハ・・・」

お腹がいっぱいになるとスカイラウンジへ行き
カクテルを飲みながら目の前に広がる景色を楽しむ

「今日は凄く楽しかったです ありがとう日向さん」

「どういたしまして 僕も久しぶりにのんびりできた...
疲れたでしょ?後は部屋でゆっくり飲めばいいよ?」

「あ.....はぃ...」

エレベーターが止まったのはすぐ下の階
部屋のドアを開け「どうぞ」と言ってくれた日向さんに
「ありがとう」と言って部屋に入る

「あっ........すっごーーーーーーーい」

広い部屋は洋館の一室を思わせる部屋で窓からは夜景が楽しめる...
その奥の部屋には5人は寝れそうな大きなベット...

スイートルーム?だよね?? 初めてかも...


「急な予定だったから向こうでは泊まれないと思ってね」

驚きに言葉をなくしていると

「疲れただろう? お湯を張って ゆっくり入ってるといい
その間に飲み物もくるだろう 何か軽く食べる物もいるかな?」

「あっ、、、ええっと...」

「ぷっ まだ食べれそうだね」

お言葉に甘えて...と先にバスルームへ行き
ジャグジーのついた お風呂で身体を癒す

「ふぅうう  」

デートだけでも驚きなのに...
こんな素敵な部屋...

だけど....あぁぁぁぁぁ 5時起きだけあって眠い・・・


バスルームを出るとテーブルにはシャンパンとワイン
それと お洒落に少しずつ盛り付けられた料理...

先に乾杯を..とソファに座りシャンパンを飲む
乾いた喉に冷たいシャンパンが通っていく

「おいしい...」

食事の時もスカイラウンジでもそれほど飲まなかった
私と日向さんは あっという間に飲み干してしまった

「それじゃ後はワイン飲んでて?」

そう言ってバスルームに行く日向さんを見送り
ワインを飲みながら 軽くお料理を食べていると


やばい・・・早起きと心地よい疲れと酔い....超眠い...

あぁぁ 本当に・・・・


少し目を閉じると吸い込まれるように眠ってしまった私...
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。