デートに向けて... - スポンサー広告さまよう愛

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デートに向けて...

お店が終わり携帯を見ると日向さんからメールが届いていた

≪今日は一緒に帰れなくて残念。デートの事考えといて?≫


「あら~ナナミ早速メール? ふふふ」

「レイコが煽ったんでしょっ」

考えるまでもない...じゃない.....

「ナナミ 返信しないのぉ~? クククク」

「今はしな~い」

明日起きたら返信しよう.....

そして次の日のお昼前私は日向さんにメールを送った

≪昨日はありがとうございました
嬉しいお誘いありがとうございます
日曜日を楽しみに待ってますね≫

≪何処か行きたいとことかある?それも考えておいてね
日曜までに1度店に行くから≫

行きたいとこかぁ...日向さんとなら
その辺の公園でも良いけど フフフ

本当に単純だ あれだけ気持ちも落ちたのに
喜んでる私って・・・

でも嬉しさで全て忘れて何も考えないわけじゃない
この嬉しさも束の間だって事はわかってる
何かあればこの嬉しさの何倍も悲しい事も...


それから また日は経ち 金曜日の夜遅く
日向さんはお店にやってきた...

「ナナミちゃん何処行くか考えた?」

「ん~ 日向さんは?」

考えてはくれたようだけど私の行きたいところをと言う...
私が有名な 渓谷はどうかと提案すると そこにしようと
行先はあっさりと決まりドライブを兼ねて
朝は少し早くなるけれでど迎えにきてくれると...

「ひゆ、う、が、さ~ん いらっしゃいませ~」

嬉しそうにレイコが席につき

「ふふふ デートプランはいかがですか~?」

「バッチリだよ レイコちゃん」


勿論この日もデートもあるし日向さんは1人帰っていった...

「レイコ...あんた絶対 楽しんでるでしょ~」

「まぁ~ね 何してもハッキリしないし
ちょっかいも かけたくなるじゃないのよ~」

「・・・ ハッキリしたら...」

「あーもう うざいわよ~」

行動派のレイコからしたら辛気臭いんだろうなぁ...
というか...私こんなに辛気臭かったかしら
レイコまでとはいかないけど こんなじゃなかった気が...


あぁぁぁ まぁいいわ とりあえず日曜...楽しみだわ フフフ
関連記事
スポンサーサイト
THEME:恋愛小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。