アフター - スポンサー広告染まっていく心

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフター

閉店した店は何となく華やかさを失い雑音だけが響く

そそくさと帰る女性
アフターの為念入りに化粧直しをする女性
何処に遊びに行こうか悩んでる女性


「おつかれ~ナナミ~」

「おつかれレイコ」


携帯を見ると1通のメールが来ていた
タップして開いてみると

≪そろそろ閉店?
友人と軽く食事してるんだけど来ない?≫

日向さんからのメールだった
レイコを誘いOKのメールを返し店を後にした


「同伴にアフターですかナナミさん?フフフ」

「お腹減ったし丁度いいでしょ?」

「んま~色気ない女だね~」

「色気より食い気ですから~」


あれ...このフレーズ.....

お店に入り店員に先に連れが来ている事を伝えると
こちらです...と席まで案内してくれた

「おまたせしました~」

元気よく声をかけるレイコの横で微笑んで会釈する

4人崖のテーブル席に向かい合わせに座っている
日向さんとその友人

背を向けていた友人がレイコの声に反応してこちらを見ると
その人はランチの店の男性だった

「あっ.....」

「どうも~ この前はありがとうね」

「あ、、はい、、、」

「日向の悪友の冬月和磨で~す」

「どうも ナナミです 彼女は...」

言いかけたところに元気よくレイコが

「とりあえず座っていいですか~?」

と言いながら、すかさず冬月さんの隣に座った


元気は良いものの最初は大人しめに話してたレイコも
話上手でレイコに劣らず元気な冬月さんにつられ
いつのまにか場はどの席よりも盛り上がっていた



今までのお客様とは全く違う楽しさを感じる


そう思っている事をレイコは感じ取っているんだろう





恋なのか...



日向さんを好き?...



まだ自分でもわからない・・・
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。