意識 - スポンサー広告染まっていく心

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意識

「美味しかったぁ~ ごちそうさま」

「ナナミちゃんはほんと美味しそうに食べるね」

「ふふ...色気より食い気ですから」

「それなりに色気もあるよ」

「それなりに....ね」

「魅力は人それぞれ」

「ん~褒められてるのかな~」

「褒めてるんだけど?」

「ふふふ...」

「そろそろ時間だね行こうか」

「はい」


貴方の為に綺麗に着飾って
貴方の待つ場所へと急ぐ...

ううん

これは仕事。

私自身を綺麗に見せる為に着飾って
私を待つお客様のところへ...



今夜は
日向さんからのお誘いで食事をしてお店へ出勤

まだ3回目だというのに
もっと前に知り合ったような...

それはやっぱり
あのランチからの1日があったからだろうか...


それとも・・・


店にはまだそれほどお客様もなく
待機していたレイコが元気に席についた

いつにもまして よく喋るレイコ
それに答える日向さん...

お酒が入る毎に日向さんの声が心地よい


「ナナミ?またどっかいってるよ!!!」

「えっ?」

「ナナミちゃんどうしたの?酔った??」

「あ、、いえ、、、大丈夫です」

「最近ちょっとだけ変なんですよナナミ
日向さん何とかしてあげて下さ~い 」

「っちょ..レイコ」

「そうなんだ、じゃぁ~何とかしようか」

「ええっ...」

「あはははは お願いしますね~」



あ~あもう...
そんな事言ったら意識しちゃうじゃない

えっ、意識?・・・・


「じゃ日向さん失礼しますね、ごゆっくり~」

指名が入って席を離れるレイコ

「レイコちゃんは明るくて元気だね」

「レイコが元気無い時はお腹減ってる時だけなのよ」

「ぷはっ ナナミちゃんもじゃない?」

「私は......」

「ん?」

「そうかも アハハ 」


無くなったグラスに水割りを作り
日向さんに手渡す...

しなやかながらも男っぽさのある手...指...


ドキッ



えっ...今・・・



何意識してんだろ...

→合言葉は“イカされるんじゃなくイク”~
官能女子養成講座 恋愛とセ*クスで幸せになる
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。