スキダケド スキナノニ... - スポンサー広告さまよう愛

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキダケド スキナノニ...

「ナ~ナ~ミ~ また朝帰りぃ~?ってか 昼近いけど...」

ご機嫌で窓拭きをしていたレイコが
タクシーから降りてきたナナミの姿を見つけ
無理やり窓を拭きを終わらせナナミの部屋に来ている

「あら バレちゃった?」

「バレちゃったじゃないわよ? で、日向さん...よね?」

「あ...うん....」

「何か進展した? しそう?」

「してない...ってか この先も進展はしなさそうかも...」

「それでいいのナナミ?」

「良いも何も...なんかね断れなくって....つい...」

「断れなくて ついやっちゃうほど
日向さんのセッ*クスは良いってことか~」

「そ、それだけじゃ、、ないわよ...」

「だけじゃないってことは それもあるんだねぇ~」

「・・・・・つ、、次、、は断るわよ...」

「あら なんで?」

「なんで、、、って.....」

「ちゃ~んとわかってて それでもやっちゃったんでしょ
なら納得するまでやっちゃえばいいじゃん」

「そ、、そんな...
それに・・・やっぱり彼女には悪いかなって...」

「だから言ったじゃん 前に奪えば?って」

「そんな自信ないし...何かさ....」

「奪っても また誰かに奪われちゃう?」

「そうね...」

「でも 身体は奪っちゃったんだよねぇ~」

「レイコ...何か楽しんでない?」

「そんな事ないわよ? ナナミを心配してますよ いつも」

わかってるんだけどねレイコが私を心配してる事は...
私の心の内を突きながら 肯定も否定もする事無く
私が私の気持ちと向き合えるよう 時に ちゃかしながら話すんだよね

私の気持ち...か....


スキダケド スキナノニ スキダカラ スキナンダ....


何かそんな歌あったよね?
関連記事
スポンサーサイト
THEME:恋愛小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。