狂いそうなほどに(R18) - スポンサー広告さまよう愛

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狂いそうなほどに(R18)

深いキスの嵐の後...日向さんは全身に舌先と唇を這わす
焦らさず感じる部分をより刺激的に...

すぐさま呼び戻された官能の渦が
瞬く間に大きく揺れていく

続きは官能的な文章を含みますので苦手な方や
好ましく思われない方、18歳未満の方は閲覧しないで下さい

「ああぅ...ひろ..と...」

指先で愛密滴る入口を弄り
愛密が絡んだ指先でその上の突起を揺さぶる

もっと啼けと言わんばかりに...

「ぃゃぁぁぁああああっ.....」

悲鳴に近い声を上げて頂点に達した私に追い打ちをかけるよう
舌先と唇が官能な音を立てそこを責め弄る

「ハァハァハァハァ....ぉねが...い....もう....」

たまらない私は日向さんに哀願する

「おねがい?」

コクリと頷く私に

「なに?」

「もう...やめ...て.....」

意地悪な笑みを浮かべ顔を覗き込む日向さんが

「もうやめて?....もう終わりにいていいってこと?」

違う...もう..日向さんが欲しいから言ってるのに
きっとそれもわかって言ってるんだ...

「ち...が..う....」

「じゃあ どうする?」

「ひゅうが...さん...が.........ほしぃ...」

「え?」

「ひろと....」

「うん」

「ひろ..と..が....ほしぃ...」

熱く深くキスを落とし日向さんが中に入ってくると
その感覚だけで気が狂いそうになる

日向さんの動きがピッタリと官能の波に合い
ゆっくり そして徐々にスピードを上げていくと
巡る血液と一緒に鋭い快感が全身を駆け脳を突き抜け
渦の中に沈んでいくように堕ちた....


→大人の恋愛のためのラブリッシュラブエッセンス
塗って 香って 熱く 激しく 情熱的に


関連記事
スポンサーサイト

THEME:恋愛:エロス:官能小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。