私を感じて...(R18) - スポンサー広告さまよう愛

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私を感じて...(R18)

前屈みになり日向さんの顔に顔を近づけ唇をつけ
柔らかな唇の感触を味わい愛*撫する...

柔らかい日向さんのシャンパンの味のする舌先が
半開きの私の唇をなぞり私はその舌を咥え舌を絡める...

続きは官能的な文章を含みますので苦手な方や
好ましく思われない方、18歳未満の方は閲覧しないで下さい

首にまわされた手がバスローブを下ろし日向さんの
しなやかで端正な指が背中を優しく這うと
背筋がゾクゾクっとし強烈な官*能が揺さぶり起き
貪り絡め合う舌をゆっくりと離し首筋へ...

バスローブを両手で肌蹴させ
唇を...舌を首筋から肩を這わせながら脱がせ
腕を..指先を舐め..咥える...

唇から離れた指先が顎を撫で耳を掠め首筋に回ると
グイッと引き寄せられ再び舌を絡め貪り合う...

そして私の舌を日向さんの顎から喉仏を這わせ
胸を...その突起を弄ぶ...日向さんが私にしたように...

身体を少し上にずらし日向さんは私を見つめる
その視線が恥ずかしくもあり快*感でもあり
更に私の官*能を煽る

「ナナミ...」
 
頭を撫でる日向さんの優しい声に
愛*撫をしながら上目遣いに視線を合わせ
ゆっくり胸から鳩尾..その下へと唇と舌を這わせていく

今は...今だけは私を想って私を感じて...


ゆっくり太股から内腿そして.....
日向さん自身に辿り着いた唇と舌先を
愛しむように下から上へと這わせ咥える

丹念に愛した日向さん自身から唇を離し上半身を這わせ
顔を覗きこむと唇を重ね体制をかえようとする日向さんを制す

「だめ....」

「ナナミ?...」

「もっと....言って? 私の名前を呼んで?...」

「ナナミ....」

見つめるその目とその声に感じる...鳥肌が立つほどに...


→大人の恋愛のためのラブリッシュラブエッセンス
塗って 香って 熱く 激しく 情熱的に

関連記事
スポンサーサイト

THEME:恋愛:エロス:官能小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。