さまよう愛~日向弘人sideⅣ~ - スポンサー広告さまよう愛

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さまよう愛~日向弘人sideⅣ~

ホテルのベットに横たわる日向...
その上で日向の身体に唇を這わす里緒...

「弘人...どうしたの?」

あまりその気のない日向に里緒が聞く

「どうもしない...」


そう別にどうって訳じゃあない...

ただ...ふと ...あんなに翻弄されていていながら
少し寂しげな顔したナナミを思い出すだけ...

それに あの街で里緒がぶつかった女はナナミだったよな
あの男は......

「弘人? んもぉ~」

「悪い... 」

そう言ってシャワーを浴び出てくると
不貞腐れた里緒がシャワーを浴びに行く

昨日の夜 散々やったのにまだ足りないのか貧欲な女だな


それにしても あの夜からナナミは何も言ってこない
単なる気まぐれだったのか...

それならそれでいいが...あの身体を.....
ナナミともう1度肌を合わせたいと思うのは・・・

いや、それこそ単なる男の欲望だろう...


ホテルを出ると正面のタクシーに乗り込み1人帰る里緒

「ったく... 女ってのは面倒だな...」


そのままオフィスに行くと待ってましたとばかりに
次から次へと仕事をやらされる...
まだまだ弱小企業だから仕方が無いと言えば仕方がないし
別に仕事をするのは嫌いじゃない

やり上げた時の達成感と
ひと時ではあるが解放感がたまんないんだよな


ふう...


ちょっと落ち着いたら店に行ってみるか...
関連記事
スポンサーサイト
THEME:恋愛小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。