まだ残る生々しさと自責の念 - スポンサー広告さまよう愛

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ残る生々しさと自責の念

だめだ...昨日の事を思い出すと恥ずかしくて顔見れない

久しぶりに男に触れられたから?それとも日向さんだから?
あぁぁぁどっちにしろ欲求不満女全開だったんじゃない?

というより....誘った時点でそう思われたかな....

でも、好きだって事は言えたよね

あぁぁぁ でも あんな場面で言っても....

どうしよう

これから先どうしよう

今まで通りに? お客様として?
それとも改めて告白?? 無理があるんじゃないそれ?


そもそも私は何がしたかったんだろう....

「そろそろ出てカフェにでも行こうか?」

着替えを済ませた日向さんが声をかける

ハッ!......「はい」

カフェでも頭を巡る昨日の出来事と後悔に似た思い...

日向さんにはどうってことない事なんだろうな・・・

「ククククク さっきから大丈夫しか言ってないけど本当に大丈夫?」

「ええっ? そう? そうですか?」

大丈夫じゃないって言ったらどうするだろう...
言わないけどね...思っててもそんな事はさすがに言えない
だめだ会話もロクにできてないっていうか頭に入らない...

このまま...何もなかったように・・・しなきゃいけないんだろうな

「送れなくて悪いね それじゃ気をつけて」

「はい ありがとうございます」

「また 営業してね」

「えっ...あ....」

営業ね....できるかな普通に・・・

あぁぁぁぁ本当に私って面倒くさい...

「昨日は凄く良かったよ」

えっ...ええっ....今それ言う?もう...人の気も知らないで...

走るタクシーの中でもずっと同じことばっかり考えてた
そして辿り着くのは昨日の日向さんとの行為で
まだ私の身体全部が日向さんを生々しく覚えている

やっぱり欲求不満だったのかな...

いや、それより・・・

「お客さん着きましたよ?」

「あ、はい ありがとうございます」

部屋に戻り思い出したように携帯を見ると
レイコからのラインと着信があった...
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。